CCLは、障がい者の皆さんが就労を通して自信を持ち、生きがいに満ちた社会生活を可能にするため活動しています。現在、日本の雇用対象(18歳~64歳)となる障がい者総数は約332万人です。しかし、就労機会に恵まれず自身の能力を発揮することが難しい状況に置かれています。雇用する側にとっても、障がい者雇用率が引き上げられる中、どのようにして適切な雇用の場を創出してよいのか、戸惑いを隠せないのが実情です。しかしながら、現下のICT社会においては、さまざまなICT関連スキルを活用することで就労の機会を得る余地が大きくなっています。とりわけ、コミュニケーションの領域においては、障がい者ならではの視点や表現が求められ、新たな感動や共感を生み出す可能性が拡がっているのではないかと感じています。障がいの有無に関係なく、人がもつセンスを最大限活かすことで就労を促進する。私たちチャレンジド・クリエイティブラボは、このコミュニケーション活動こそ、障がい者の就労の必然性を示す場であり、 彼ら・彼女たちが生きる喜びを拡大できる領域であると確信しています。代表理事 島 桜子